FC2ブログ

(´・ω・`)人間辞めない

(´・ω・`)ブロードバンドについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大晦日

やぁ
もう大晦日だね

皆さんいかがお過ごしでしょうか

僕はというと
お正月は彼女の家で過ごすので、例年になくウキウキしています

今年は色んな事がありました

仕事の面接に行き挫折を味わい
彼女が出来たりと

一喜一憂の日々を送っていました

まあ
終わり良ければ全て良しなんです


色んな悩みがある事でしょうが
そんなものは全部後回しにして
みんなも楽しく生きていて下さい

それでは
良いお年を


せーの!


おつかれー!!


∩(´・ω・`)∩バンジャーイバンジャーイ
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 17:17:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

底辺マンション

僕が住んでるマンションは家賃が格安な事もあり
底辺の人々が多く住んでいる

底辺マンションである

なもんで
毎晩怒鳴り散らす声や暴走族の単車の音が響き渡り

しょっちゅう警察がやって来ます

聞き込みで警察が家に来る事もたまにある

その際、警察は底辺マンションに住む僕も犯罪者だと言わんばかりに軽蔑の目を向けてくる

なので僕はこの界隈で悪行の限りを尽くしてる連中をどうにかしなければならないと考えました

しかし
まともに注意なんかしようもんなら血を見る事なるだろう

スラム街の黒人ギャングのような奴らだからね


そこで警察だ
正義の味方ポリスマン

僕の安全を確保しつつ奴らを撃退してくれる


そして暴走族がバイクを吹かし始めた時に
すがる思いでポリスマンに電話した。


僕「あの~底辺マンションの近くで暴走族がいてうるさいんですけど~」

警察「そうですか。あのーお宅は底辺マンションに住んでいる方?」

僕「え…あ…はい」

警察「あー…じゃあ住所教えてくれる?」

僕「え…底辺マンション301号です」

警察「そうですかわかりました」

僕「はい」

警察「はい」


(´・ω・`)結局警察が来る事はありませんでした
  1. 2008/12/27(土) 17:20:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

(´・д・`)もお~いくつねえると~おしょうがつ~

やぁ

寒いね

もう寒すぎて風呂に入りまくってる

体調は非常に悪くて
食欲は無く性欲は旺盛だ

なぜかというと
人は死の危機に直面すると種を残そうとするからである

なもんで戦場で戦ってる兵士達は皆勃起しているんだよ


ところでクリスマスももう終わるね

僕は楽しかったけど
テレビは暗いニュースばっかりだ
派遣でクビ切られた人はクリスマスどころじゃなかっただろうね
可哀想に

不景気、不景気

僕も他人事ではありません

だけど全然焦ってない


仕事なんてやりたい時にやればいいんだよ

今は充実してる
寒いし仕事なんてしたくないし
どうでもいい


仕事しようと考えただけでも立派なんだよ
誰がなんと言おうとな


(´・ω・`)そんなもんだよね
  1. 2008/12/25(木) 23:29:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

初恋

もうクリスマスという事もあり。
ふと自分の初恋を思い出していました

僕は女好きなのでどれが初恋なのかはハッキリしていませんが
恐らく中学生の頃です


僕が不幸のドン底に居たあの頃

僕が恋した娘は

とびっきりの可愛い娘でした

どの学校にも1人はいるアイドル的存在

そんな娘に惚れてしまった

僕が毎日毎日友達もいない学校に通えたのは彼女のおかげでした

彼女をもっと知りたいという恋の力が僕を学校へと歩かせた

毎日彼女の話に聞き耳を立て微かな情報すら逃さなかった

誕生日、住所、血液型
ありとあらゆる情報が欲しかった

しかしいじめられっ子で気が弱い僕に話しかける事などできやしません

せいぜい笛を舐める事ぐらいしか出来なかった。

そのまま1年が過ぎ僕は完全に彼女の事を知り尽くしました。
1年間毎日彼女の会話を聞き続けたからである

彼女の性格を知れば知るほど更に大好きになって
もう胸がはち切れそうでした


妄想の中では何度も結婚した
度々学校に襲ってくるテロリストから何度も守った


そんな想いも虚しく彼女は彼氏を作りました

だけど僕はちっとも悲しくありませんでした


(´・ω・`)それはなぜでしょうか?
  1. 2008/12/23(火) 08:33:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:18

母ちゃんのマン毛に劣等感を覚えた少年時代

僕は幼い頃から劣等感の塊でした

僕の目はまるでこの世の憎しみや悪意を一身に受けて育ったような感じだったでしょう

自分を含めた家族は他人の家族より劣っているから隠れるようにして暮らさなければ

そう思って生きてました

まあそれも仕方ないんですがね

そんで
まだ幼かった僕は
トイレを我慢出来ずによく漏らしてボコボコにされていました

なもんで急いでトイレに走って行き誰かが入っていようがいまいが勢いよくドアを開けて
凄いスピードでオシッコしてますた
漏らしたらボコボコだからね


その日も僕はいつものようにトイレにダッシュして向かっていました

いつもと変わらない光景だった

ドアの向こうに恐ろしいモノが待ち受けてるとも知らずに


その禁断のドアを開けてしまったのだ


中には母ちゃんが居て
咄嗟に僕は「怒られる」と思って戻ろうとした

しかし戻ろうとした僕の目にあるモノが目に入った


男にしか生えないと思っていた「毛」いや「陰毛」である
僕は恐ろしかった
なんてモノを見てしまったんだ(´・ω・`;)

頭がパニックになり



(´・д・`;)「ウワァァァァー!きもちわりいー!」


そう言い放ちオシッコを漏らしながら逃げました


公園に身を潜めこれは誰にも話しちゃいけない事なんだと自分に言い聞かせました

僕の家族はやはり劣っているから女なのに毛が生えるんだ

これを皆に知られたら殺される
恐怖で足が震えました。
そこからどうなったのかは覚えていません。


これがあの悪名高いマン毛事件の全容である


(´・ω・`)
  1. 2008/12/22(月) 16:02:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

環境に順応し過ぎてはいけない

世にも奇妙な話しでこんな話しがある

1人の男がある理髪店に閉じ込められるという話しで

そこには彼と同じように閉じ込められた人間が居て

最初彼は必死にそこから出ようともがくが

やがて彼はそこで生活するようになる
どうしても出る事が出来ないからだ。

月日が経ち
彼はその場所、環境に順応し始める。
そこから出ようなんて考えもしなくなる

つまりそこに居るだけで生きれる訳だから
出る理由が無いのだ

しかし皮肉にもとうとう彼がそこから出る日が来た


外の世界に出ると彼は絶望した
あれだけ出たかった場所に必死に戻ろうとする

彼より先に出た人間も同じように戻ろうとしていた

彼らがその後どうなったかまでは放送していなかったけど


順応し過ぎた為に
こうなった訳である
餌の捕り方を忘れたんだ


安定した場所からいきなり放り出された訳だから気が狂ったように戻ろうとする

犬小屋から犬を放り出しても上記と同じ行動をとるだろう

なぜなら犬もまた順応しているからね。

(´・ω・`)
  1. 2008/12/21(日) 18:43:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

やむを得ません


僕は今ウイニングイレブンをしている

初期のソフトしかプレイした事無かったので
ウイニングイレブンの進化に驚きを隠せないでいる

ドリブル、シュート、トラップ、パス

様々な技を磨いてパワーアップする
僕が一番好きなタイプのゲーム
やり込めるから飽きないんだ

なもんで、昨日の夜から今までメシも食わないでずっとウイニングイレブンしてる

ウイニングイレブン以外なにも手につかない
そんな状態だ


今もし無理にウイニングイレブンを辞めて
仕事を探したらとんでもない事になる

禁断症状で「フォワード募集してますか?」と聞きかねない

考えただけで恐ろしい

なので仕事探しは月曜からにしたいと思います


非常に残念ではありますがやむを得ません

何とぞご理解とご協力の方お願い申し上げます


(`・ω・´)
  1. 2008/12/20(土) 19:08:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

俺やるよ

彼女から手紙が届いた


3万円入ってた


俺は愛する人の為にやるよ

たった今僕は目覚めた


(`・ω・´)俺の生きざまを見てろよお前ら
  1. 2008/12/19(金) 16:46:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

逃亡者

昼前に起きて

2ちゃんして


2ちゃんして


2ちゃんして


ふと天井を見上げ「死にたい」とボヤく


もう何年こんな日々を送っているのだろう?
そう考えるのはもう何回目なんだろう?

僕はいつだって現実から逃げてきた
逃げて、逃げて、逃げて
逃げた先に何があるのだろうか


結局先延ばしにしてるだけに過ぎないのに
僕はついつい逃げてしまう
もう逃げる事にも疲れたくらい逃げたのに
何にも変わっちゃいない

変わってないからまた逃げてしまう

こんな不毛な日々がいつまで続くのだろうか


モヤモヤしている


(´・д・`)モヤモヤしているのが嫌なら~布団を噛んで考えて~

(´・д・`)なんかあいつに期待過剰なんじゃないの~

(´・д・`)人の心はどうしても~何か足りないけれど~

(´・д・`)そこんとこ埋めるべきなのは~恋人じゃない親でも無いHEY!そうだろ~?


(´・ω・`)誰に埋めてもらうの?
  1. 2008/12/18(木) 18:57:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

太陽に浴びたい

「太陽に浴びたい」体がそう言い出してからもうどれくらい経つだろう?

完全無欠のヒキコモリの僕はその訴えを無視し続け太陽を浴びる事はしなかった

しかし体ももう黙ってはいられない
目の下に真っ黒なクマを作り、体調不良を引き起こし強烈に訴えかけてきた

「太陽に浴びさせろ」と

こうまでされると僕も動かざるをえない

そこで昼間はベランダに出て太陽に浴びながら2ちゃんをする事にした


しかしベランダでオッサンが携帯をいじくり倒してるな光景なんて見れたもんじゃない
いつ通報されてもおかしくない

そういった恐怖が発生したのだ

僕「もう部屋に帰ろう」

体「まだだ、まだ足らんよ」

外の人「通報するぞ」


(´・д・`;)どうすればいいの?
  1. 2008/12/18(木) 14:49:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

人生とは山である

登る事に意味があるんです

転げ落ちたとしても何回でも登れます

しかしハナから「俺は体力無いから登れない」と諦める人間もいます

長い間そうしていると山はとてつもないデカさになります

それを見て「もう手遅れだあの時頑張って登ればよかった」と悔やむ事でしょう

そして悔やむ事も辞めたその時に、その人間の前にもはや山は無く
途方に暮れる日々が始まります

その人間の末路は言うまでも無く悲惨なモノになるでしょう


だからこそ君達は登らなきゃならない
その旅路は決して楽なモノではなく
雨に打たれ、雪崩が起き
時には遭難する事もあるだろう
それでも君達は登らなきゃならない


(´・ω・`)目の前に山が有る限り
  1. 2008/12/17(水) 16:13:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

もう死にてえよアニキィー!

えー
みんな久しぶり
幸せかい?

僕は死にたいです


ここんとこなかなか更新出来なくて悪いね
良くも悪くも見てくれてるのに申し訳ない

えー
ご存知だと思うけど
僕は11歳年下の彼女がいます
彼女の支援があって僕は今日という日まで生きる事が出来ました

しかーし
その支援や期待を裏切り僕はいっこうに働こうとはしませんでした
愚かですね

で、この2日間彼女の家に泊まりに行ってて
そこで愛想尽かされました捨てられました


捨て葉っぱ食いオジサンです。拾って下さい

(´;ω;`)ニャーニャー


冗談はさておき

なぜ今までこんな僕を支援してくれたのかをお話ししましょう

彼女はバツイチです
出会った当時彼女は離婚問題でかなり悩んでいてそれこそ自殺でもしてしまう勢いでした

僕は無駄に親切な奴なのでそんな彼女を明くる日も明くる日も励まし続けた
手紙も送ったりした
時には八つ当たりされて罵倒される事も少なくありませんでした

僕はクズだけどクズな奴に限って
悩み事聞いたりするのがウマイもんです

なので、僕のその献身的な励ましもあり見事彼女は立ち直り仕事も復帰し幸せな日々を取り戻しました

彼女は一歳になる愛娘もいるので
僕は嬉しかったです
初めて人の役に立てた様な気がしたからです


そこで終わっておけば良かったんですが
彼女が僕に恩を感じたらしく今度は彼女が僕の愚痴を聞いてくれたり、お金まで与えて僕を助けようとしてくれました

しかし流石はクズです
いっこうにに立ち直る気配はありません
それでも彼女は諦めず僕を立ち直らせようとしました


だけど
若く家柄も非常に良く何不自由無く育った彼女に僕を立ち直らせる事などできやしません
ねじまがったこの性格を直す事など医者でも無理です

こういう日々を続けてた訳なのです

で、今日愛想尽かされて捨てられた

なにが悲しかったかというと
恩返しも出来ずに終わってしまったからである
それが悔しくて悔しくて
満員電車で大泣きするくらいでした
親切な人がハンカチを貸してくれたりして更に泣きました
鼻水たっぷりつけて返しました

そんな僕に追い討ちかけるように地元の駅につくと母ちゃんに借りた自転車がパクられてて、僕はまた大泣きしますた

兄貴など居やしないのに

(´;ω;`)「もう死にてえよアニキィー!!」と泣き叫びながら帰りました



(´;ω;`)もう死にてえよアニキィー!アニキィー!
  1. 2008/12/17(水) 00:09:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

【実録】インスタントカメラに殺されかけた

さっき外でインスタントカメラを拾ったんだよ



なんとなくそれを家に持ち帰った僕は
何を血迷ったかそれを無意識のうちに解体していた

キチンと
※分解しないで下さい※と書いてあるにも関わらずだ

しかし走り出した僕の好奇心をもう誰も止める事が出来なかった。

そのインスタントカメラはプラスドライバー1つでいとも簡単に解体出来たので
天才整備士にでもなった気分ですた

勢いづいた僕はカメラを完璧にバラバラにし
部品を1つ1つ分ける事にした


これが間違いだった



君達には同じ過ちを犯してほしくないので
全てを話します


部品を1つ1つ並べていく過程で1つ興味を惹く部品があった
それは緑色で乾電池そっくりな形の部品だった


今思えば危険な匂いがプンプンしていた


しかし時既に遅し
それを手にとってしまった僕にある異変が起こった


変な違和感を感じるのだ

触ると手に電気が走るようなそんな感触ですた


「これは危険だ」

脳がそう警告を発しているのに僕は気付いていたんだけど


(´・д・`;)「これに一円玉をくっつけたらどうなるんだろう?」


またよからぬ好奇心が僕の中でスタートを切ったのだった

こうなるともうダメだ
すぐに一円玉を財布から取り出し


右手に持った
左手には危険な部品


そして右手と左手をゆっくりと近づけていき…
密着させた次の瞬間




(´;ω;`)「いやあああぁぁぁあああぁぁぁぁぁぁああああ母ちゃあああん!!!」


僕の体に凄まじい炎が襲いかかったのだ!!
まるで手持ち花火の火が顔面目掛けて、飛んできたかのような光景だった!!
顔だけじゃないぞ!四方八方に火が飛び出していったんだ!!



大火傷を負った僕はその危険な部品を窓から投げ捨てました


僕は九死に一生を得たけど

皆は絶対に真似してインスタントカメラを分解しちゃダメだぞ!


(´;ω;`)分解ダメ!ゼッタイ!
  1. 2008/12/14(日) 01:40:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

地獄の沙汰も金次第

金さえあれば全てが手に入る

金によって世界は日々目まぐるしく変動している
金金金金金

地獄の沙汰も金次第なのだ

しかし現実、僕は金をほとんど持ってない

夢じゃない現実だ

夢じゃないあれもこれもぅ今すぐぅ金を手に入れぇよぅ♪


そこで
働かないで金を手に入れる方法を模索している

まず最初に目をつけたのは謝礼金だ
よく犬や猫が行方不明になって見つけたら謝礼金差し上げますと、銘打って雑誌等に載せてあるアレだ

これは画期的な方法だ
なにより楽しいし
見つけたらお礼+謝礼金を手にする事になる


早速実行に移そうかと思って色々考えたんだけど



……



(´・ω・`;)探す金がなぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!
  1. 2008/12/13(土) 21:10:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

(´;ω;`)みんなー!葉っぱ祭りじゃー!

(´;ω;`)今VIPで葉っぱ祭りが行われてる

朝起きたら500までいっててびっくりした
僕の為に加速して下さった皆さん
1人残らずありがとう

だけど…


規制くらってるから書けません


   *     *
*葉っぱ食いオジサンです+
   n ∧_∧ n
+  (ヨ(´;ω;`)E)
   Y   Y   *
  1. 2008/12/13(土) 08:51:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

僕の部屋の窓には絵が描かれている

廃人になりつつある

朝方寝て
夕方起きて
起きてる間はずっと2ちゃんしてる

前までは働こうとどっかで思ってたけど
それが無くなった

窓の外の世界がまるで絵みたいに感じる
部屋の中に飾ってある絵にしか見えない

つまり外の世界など今の僕には無いに等しい
そんな状態だ


こういう話しがある

ペットとして長い間飼われている犬は野生では生きていけない
餌の捕り方が分からないんじゃ無くて本能が無くなったからだ

飼い主無しでは生きて行けるはずが無い
そう思い込んでる

だからよく犬が飼い主救ったとかいって
TVで美化されて報道してるだろ?
あれは結局自分が死ぬと思ってるから助けるんだよ

飼い主の死=自分の死だからな


もうお分かりだと思うけどこの犬の話しは僕なんだ

人間にも当てはまる話しという事だ


そこでようやく気付いた


(´・ω・`)僕が人間を辞めていた事に
  1. 2008/12/12(金) 16:55:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

今日VIPで50回以上「死ね」って言われた

(´・ω・`)もうこれ訴えていいレベルだろ
  1. 2008/12/12(金) 00:14:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

クズの子供はクズ

母ちゃんは機嫌が悪くなると2、3日僕と口を聞かない

こういうの見てるとコイツほんとにクズだな~ってつくづく思う

だいたい僕を産む行為自体がそのクズっぷりを露呈している


クズが子供産んでいいのか?

いいえダメです

もし雑種の犬に知能があれば間違いなく子供を産まないよ

自分の子供がチワワにならないのを知っているからだ

チワワのような華やかな人生は送れないからね


しかし
僕の母ちゃんは雑種でありながら自分の子供がチワワになると思ったらしく子供を産んだ
知能があるのにも関わらずだ

まさしくクズの所業だな


そしてクズは教育の仕方を知らないので
僕に絶望を押し付けた
メシさえ与えれば子供は勝手に育つものだと思ったんだろうな
メシ与えるだけなら犬にも出来るわ
メシの捕り方を教えなかったので犬以下だな


案の定僕がチワワになる訳もなく
立派な雑種になった


僕はまだ謝罪の言葉を聞いてない
再三求めたがね

「産んでごめんなさい」

こんな簡単な事が言えないのだから困ったもんだ

もし仮に僕が子供を作れる環境になっても
僕はつくらない
学習したからね

クズは子孫を残すべきでは無いと

「産まないでくれてありがとう」


そう言って貰えるのが
最高の父親なんでしょうね


(´・ω・`)※ただしクズに限る※
  1. 2008/12/11(木) 16:06:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

理由だよ理由

理由が無ければなにも出来ないだろうが

働くのにだって理由が無ければ出来ない
僕には働く理由がない

働いてないから働くとか理由にならない

理由が全てを決める

ウォーリーだってそうだ
なんで探さなきゃならんの?
あいつなんかしたの?となる
理由もなくただ探せと言われても探す気など起きない


そういう部分に疑問を持っちゃうからダメなんだろうな~

繊細なんですわ


働いてる奴らって人に平気で死ねとか言える図太い神経な奴らばかりなんだろうな

だから理由なんて気にしない訳だ

つまり

ウォーリーを素直に探せるようになれたその時にっ!

(´・ω・`)僕は働くでしょう
  1. 2008/12/11(木) 01:04:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

暇過ぎて暇死する

暇で暇で1日中何もする事が無いから

ずっとVIPにいるんだけど
色んなスレを見てて1つ疑問に思った事がある

10レス以内くらいに

たまに「うんこ」とだけ書いてある


なんでうんこって書くんだ?

今うんこしてるよって事?



(´・ω・`)教えてエロイ人
  1. 2008/12/10(水) 17:38:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

不景気ならば弱い者から切られるのは当たり前

今世界は深刻な不景気に襲われています

そしてその影響を直に受けるのはいつも底辺です


民主主義なので底辺が影響を受け苦しむのは当たり前ですが

この問題は地球単位で考えなければならないと思う

地球を1つの国とすると
底辺は誰だろう?

考えるまでもなく

アフリカや東南アジアの貧乏人共ですね
こいつらが影響を受け苦しむべきなんです

日本という超お金持ちの家に生まれた日本人が苦しむのは違うはずだ

問題はこいつら(アフリカ、東南アジア等の貧乏人)に回してる金です
ODAや義援金
これら全てを日本人の底辺に使えば
恐らく日本は豊かで美しい国になるはずだと思います

そのお金をなんの才能も無く努力もしないアフリカ東南アジアの貧乏人共に無償で提供しています
言語道断です
図々しいにも程がある
もうキレそうです


弱い者から切られるのが民主主義だと言うのなら

本来切られるのはこいつらです

こいつらなんです


違いますか?


(`・ω・´)僕はなにか間違ってますか!?
  1. 2008/12/09(火) 20:15:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

猫の世界にも色々ある

僕は5、6年前に子猫を二匹拾いました


小さい子猫の方を

ちーちゃん(小さい為)と名付けた
ちなみに♂です

そしてもう一方を茂雄(しげお)と名付けた
これも♂である


二匹共最初は可愛かったんだけど今では完璧な成猫になり
おっさんになっている

だからそのもう可愛いとは言えないのだ

じゃあおっさんになった猫はもうダメなのかと言うとそんな事は無い

茂雄はもともとの骨組みがでかくガタイが良かった為に体重11キロを誇る癒し系デブ猫になった

なので僕も母ちゃんも可愛がるが


ちーちゃんはただのおっさん猫です面白味が0です
だから可愛がられる事は無く
ストレスでハゲ散らかしてます


猫の世界にも勝ち組負け組があるんだと、思い知らされた瞬間でした


(*´・ω・`*)
  1. 2008/12/09(火) 15:29:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

(´・д・`;)眉毛ってなんの為にあるんだろう?

ある事が当たり前になってて、その存在の意味に気付かない代表例だ。

暇なので少し考えた

まず毛は身を守る為に生えている訳だ

頭髪なんかはその役割を十二分に発揮している
ハゲとロン毛ならその防御力の差は雲泥の差がある


ハゲは下手すると転んだだけで死にます

よってハゲてる人間は死んでもよい
もしくは死にたいという事だ

反対に天パは生きたくてたまらないという気持ちの表れ

次にチン毛
これも大事ね
毛の必要性以前にチンコは大事だから生えていてもおかしくない

その他の毛もまあ頷ける

だけど眉毛だけは分からない
眉毛の下に相当重要な臓器でもあるのだろうか?

しかし仮に相当大事な何かがあるとしても
この程度の毛じゃ到底守りきる事など不可能だ


とすると
人類が衣類を身に付けた為に
消えてゆく毛
眉毛もその一つだったが

人間は眉毛を必要してました
表情を作りオシャレする為にだ

その想いが体に伝わり


残そうかとなった訳です


眉毛で印象変わったりするからね~


(-ω-`)まあどうでもいいけど
  1. 2008/12/09(火) 03:30:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

救援物資が届いた

風邪をひき心身共に衰弱しきった僕に
ようやく彼女からの救援物資が届いた


毛布
風邪薬
愛のこもった手紙
1万円

を頂きました


いや~助かった
どうなるかと思ったよ~

大事に使うよ


まあもう熱下がったから風邪薬はいらないけどね


だけど風邪ひいてる間すっかり仕事の事を忘れていた

さっき履歴書が目に入って一気に鬱になった
現実を唐突に突き付けられた感じだ

あまりの寒さと風邪によって僕はサバイバーという職業なんだと脳が錯覚したんだろう

タウンワークはどれもこれも精子まみれだし(ティッシュが無い為)

働く気0なのが景色から見て取れる


で、考えた結果

僕は体に障害があるので
まだ働かなくていい
当面はリハビリに専念する

そういう事なんで

疲れきった体に鞭打って、今からジョギングしてくる

(つω-`;)頑張るよ
  1. 2008/12/08(月) 16:45:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

貧弱な肉体

僕の体は非常に弱い

人生の大半を引きこもって生活しているからである


お城に住んでいるお姫様が貧弱なのもその為だ


それに加え幼少の頃から食べ物をあまり与えられていなかったので

体重は現在も44キロと異常な数値をキープしている


なので
すぐに病気になる

ほとんど毎年インフルエンザになるし
胃腸炎などの激痛を伴う病にも犯される


特に今年はヤバいです
もう風邪ひいた
まだインフルエンザにもなってないのにだ

タバコを吸い始めたから免疫力が落ちてきたのだろうか?


そこで思ったんだけど



(´・ω・`;)ひょっとして僕はもう死ぬのか?
  1. 2008/12/08(月) 02:10:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

電気代の無駄だろクズ

もうすぐクリスマスだかなんだかで

自分の家をネオンで装飾してるバカがいる

なんなのこいつら
何を訴えかけてるの?


「我が家は電気代も気にしない程財力があって、こんな事が出来るんだぞ」


とでも思ってるのかね
きっとそうだ


この不景気にそんな事して許されるのは玉出くらい


こんなもんハッキリ言って嫌味でしかない
目障り
僕にとっては気分を害する物なのですぐにやめてもらいたい


だけどまあ、貧乏人に襲撃されるのも時間の問題だな


電気代の無駄だろクズがってな!


(´・ω・)お前らもそう思うだろ?
  1. 2008/12/07(日) 18:41:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

喉が痛くて痛くてたまんない

恐らく風邪です

母ちゃんのせいでこんな事になった

あいつがこんな寒い空間を作り出したが為に
僕はこんな仕打ちにあっている

こいつはいつも僕をイラつかせる
もはや生きてる価値等皆無のクズ

間違いなく地獄に行くだろうねこいつは
自分で産んだ子供に酷い仕打ちをし
人生を破滅させ、まだやりたらないのか僕を苦しめる腐った人格の持ち主だ
常軌を逸しているよ

もし人を殺しても捕まらないのなら
間違いなく殺してるね
クズが


こいつは実際に会わないと分かんないよ

人を不快にするオーラを持ってる
性格の悪さが顔面に滲み出てる

誰にも必要とされてないクズだから死ねばいい


この世に僕を必要としてくれる人間は2人いる

こいつは1人もいない

なので
こいつは死んでいい

(´・ω・)死ね

  1. 2008/12/07(日) 01:21:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

腹へったから

母ちゃんの朝ごはんのパン

(´・ω・)全部食うたった

母ちゃんが楽しみにおいてあった
ロールケーキ


(´・ω・)全部食うたった


(´-ω-`)もうなんにもない
  1. 2008/12/06(土) 23:17:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

寒くない訳

寒いです

彼女に毛布をもらったけどまるで意味がない

何故なら我が家は極寒の地だからです

すきま風はともかく

問題は母ちゃんです密室恐怖症なので窓という窓すべてを開放するのだ

それでいて寒くないって言うんだからキモい

ここまでは前にも書きましたね


前々まではそれでも我慢してたんですが

もう限界です

寒すぎます

その為に風邪までひきました
もう、堪忍袋の緒がぶっちぎれた


なので言ってやりました


僕「母ちゃん窓閉めろよSammyって!」

母ちゃん「あんまり閉めきったら体に悪いからね」

僕「頭おかしいんじゃねえの?全開したら体にいいの?」

母ちゃん「そうだよ」


こんなもんで話しても無駄です
聞く耳を持ちません
アホです


でも僕は一つ疑問に思った


「母ちゃんはなぜ寒くないのか?」


いくら寒さに強いからといって
暖房器具もなにも無い
ましてや母ちゃんの部屋には毛布すら無い

耐えられるはずがないっ!夜寝れるはずがないっ!

不思議に思った僕は母ちゃんが風呂に入ってる隙に

母ちゃんの部屋に忍び込んだ。

見たところなにも無い
窓も全開で寒い
不審な点は無いように見えた



しかし僕は見逃さなかった

母ちゃんの布団の足元が少しふっくらしているのを!


そう!
奴は湯タンポを使っていたのだ!!

なにくわぬ顔で毎日毎日湯タンポを使っていたのだ!


クズがっ!!




で、ムカついたので奪いました


そんなもんで



今夜は暖かく気分良く眠れそうだ

∩(*´ω`*)∩バンジャーイ
  1. 2008/12/06(土) 19:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

うるせえ

我が家には猫が三匹いる

二匹は僕が拾ってきて
もう一匹は母ちゃんが10万円で買った血統書付きのチンチラ

その猫達と母ちゃんは1日中喋ってる
いや一方的に語りかけてると言ったほうがいいだろう

でまあ
そのなんというか
うるさいのだ

猫がちょっと鳴いたら


あ~ハイハイ餌かい?!もう全くうるさいねえ!
どれ食べるの!?
シーバ!?カニカマ?わかったよ!わかったわかった!もううるさい!



(´・ω・`;)お前が一番うるさいって
  1. 2008/12/05(金) 20:48:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。